このサイトには性的な表現が含まれます。18歳未満の方は退出してください。

一条流の戦い:第34章

 武志は舌が疲れて動かなくなるまでキスを続けた。
 美咲と瞳の二人は、武志の激しくて長いキスに呆けた感じで立っている。
 武志は思う存分キスをしたことで、少しだけ興奮が落ち着いた。肉棒は最大限に勃起したままだが、激しい欲情を抑えながら、二人の上着を脱がした。
(ブラウス姿も良い)
 上着を着ていると体のラインがまったく分からなかったが、脱ぐと二人のスリムなラインが良く分かる。うっすらとブラが透けて見えるのが、エッチな感じがする。
 ブラウスのボタンを胸の下あたりまではずしていく。鎖骨から胸の裾野、ブラまで見えてきて裸以上にいやらしい姿になる。
 今日は脱がせないままやろうと武志は思った。着衣プレイは初めてだ。せっかく二人が制服を着て来てくれたのだ、脱がすのはもったいない。こんな機会はもう無いかもしれない。本物の女子高生を犯すようで、とても興奮する。
 二人の背中に手を回し、ブラのホックをはずす。そして脱がせないまま、ブラを胸の上まで押し上げた。
 美咲が思わず手で隠そうとするのを、押しとどめる。
「両手は後ろに回して」
 武志は意地悪に命令する。二人は躊躇しながらも従った。
 美咲は小さい胸が恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしながら少しうつむき加減だ。
 瞳は恥ずかしいのを噛み締めるかのように目を瞑って、胸を突き出し気味にしている。
「二人ともきれいだよ」
 武志は、まずは目で楽しんだ。
 美咲の胸は小さいが形はお椀型で美しい。乳輪は小さいのに少し盛り上がり気味で嫌らしい感じがする。乳首は円筒形で、すでに立ち上がっている。乳輪も乳首も色は薄めだ。
 瞳の胸は美咲より少し大きい。手のひらにぴったりの大きさだ。形は美咲と同じお椀型で文句無い。乳輪も乳首も普通の大きさで、色も普通の色をしている。
「スカートをめくって」
 武志はやりすぎかと思ったが、二人は戸惑いながらもゆっくりとスカートの裾を持ち上げていく。
 二人の美しい太ももがあらわになり、ショーツが少しずつ見えてくる。
 美咲はブラとお揃いの水色の可愛いローレグショーツ。瞳はブラとお揃いの黒のハイレグショーツでレースがたくさん使われた大人の女性の下着だ。
 二人は今日の為に取って置きの下着を着けてきたのだろう。それぞれがとっても似合っている。美咲は清純さ、可愛さを引き立て、瞳は大人の色気を出している。
 武志はさらに興奮してくる。
 武志は両手を伸ばし、二人の左の胸に同時に触る。いつもの焦らす時のやり方で、裾野から乳輪にかけて指先で軽く触れていく。
「スカートを下ろしたらダメだよ」
 武志はまた、意地悪な命令をする。
 そして、気を流しながら何度も何度も指先を往復させる。あせらず、じっくりと時間をかけて気を染み込ませていく。
 瞳が先に体をくねらせ始める。口も半開きになっている。瞳のほうが、やや感じやすいようだ。
 二人の片方の乳房が気で満ち、ピンクに色付くと、もう片方の胸に移る。
 こちらも、ゆっくりと気を染み込ませていく。
「ぁ……、ぁあ……、あぁー……」
「んっ、んんっ……、ぅんんー……」
 二人から声があがる。
 若い子のあえぎ声を聞くのは武志の征服欲を満足させる。美少女二人を同時にあえがせる事ができる男は、めったにいないだろう。
 武志は二人をどんどん責め立て、指先での愛撫を続けていく。
「あんっ……、ああーんっ……、あぁー……」
「んんー……、んふぅー……」
 部屋の中に女の子二人の喘ぎ声が響き、いやらしい空気が満ちてくる。
 武志は時々目を下にやり、二人のショーツを確認する。二人とも顔を近づけなくても分かるほど濡れている。武志との数は少ないが濃厚なセックスで、彼女達は急速に感じやすい体に変わってきている。
 しきりと体をくねらせ、両脚をもじもじさせている。
 武志は胸だけで二人をたっぷりとよがらせた。二人とも顔と胸を赤く染めている。ぼんやりした、とろけた目で武志を見ている。
 武志は二人を連れてベッドにあがる。
 やりたい事、やらせたい事がありすぎて、何をするか迷ってしまうが、まずはフェラの練習をもう少しさせることにする。
 足を開いてベッドに仰向けで寝転がる。頭の下に枕を折って入れ、自分の股間を見えやすくする。
 そして二人をそれぞれ別の足に跨らせる。二人はそれで察したのか、股間に顔を寄せていく。
「二人で仲良く、口でして」
 二人は今度こそ自分の方が武志を気持ち良くするとやる気になっていたが、気勢をそがれてしまった。
 仕方なく二人で分け合うように舌を伸ばして両側から肉棒を舐め始める。
 少しぎこちないやり方が武志を焦らしていく。すでに武志の興奮は最高潮に達していて、我慢できずに二人の頭を抑えると肉棒に押し付ける。
 二人は嫌がりもせずに、唇を押し当て舌でチロチロ舐めていく。
 武志は少しだけじれったさが消え、二人の肉棒に奉仕する姿を目を細めて眺める。美少女二人が競うように肉棒に舌を這わせる姿は、男なら誰しも興奮せずには居られないだろう。
 ここでも瞳が先に動いた。亀頭を口に含むと、舌を激しく絡め始める。
 美咲も負けずに、竿に舌を巻き付けるように絡めていく。
「い、いいよ、二人とも」
 武志の喜ぶ声を聞き、二人はさらに熱心に行為に没頭していく。
 美咲が亀頭近くまで唇を寄せると、瞳はあっさりと譲る。すると美咲はすぐさま亀頭にしゃぶりつく。
 瞳の唇が近づくと、美咲は先ほどのお礼とばかりに、瞳に譲る。
 そうして、二人は交互に肉棒をしゃぶっていく。時には二人の唇や舌が触れ合う。
 二人は興奮してきたのか、胸を武志の太ももに擦り付け、股間を武志の足でこすり、さらに自分を興奮させていく。
 武志は脛に熱く湿った感覚がした。美少女二人のはしたない姿に我慢が限界を超える。何かせずには居られない。
「二人とも、お尻をこっちに向けて」
 二人は肉棒から舌を離さずに、言われた通りにお尻を武志に向ける。
 武志の前に制服に包まれた二人のお尻が並ぶ。手を伸ばし、制服の上からお尻の感触を味わう。
 美咲の柔らかくて大きなお尻、瞳のプリプリした小ぶりなお尻。武志は二人の感触の違う手触りを楽しむ。
 そのうち制服の上からではじれったくなり、武志はスカートをめくって、二人のお尻を丸出しにする。
 美咲のローレグショーツはお尻を半分しか隠しておらず、むっちりした肉がはみ出している。
 瞳のショーツはTバッグぎみで、布が紐のようになり谷間に食い込んで、引き締まったお尻が丸見えになっている。
 武志は焦るようにお尻の感触を楽しむ。二種類の違う感触のお尻を同時に楽しめるなんて夢のようである。
 もう押さえの効かなくなっている武志は、二人のショーツを太ももまで引き下ろすと、直接揉み込んでいく。
 美咲の柔らかく大きい尻肉は武志の指を深くまで食い込ませる。瞳の引き締まった尻肉は武志の指に心地良い弾力を伝える。
 二人ともお尻の穴は色素の沈着が少なく、薄茶色で、きれいな形をしている。
 武志は気を染み込ませながら、飽きることなく尻肉を揉み解していった。
「ああぁん」
「ううううぅぅ……」
 二人のお尻がピンク色になる頃、二人はうめき声をあげ、お尻をくねらせていた。
 股間には光る物が見え、ショーツに大きな染みを作っている。
 武志はそれぞれの秘肉に伸ばすと、中指をゆっくり静めていく。
「あぅー……」
「い、いぃぃー……」
 二人はほとんど痛みを感じていない。中はとても熱くドロドロにぬかるんでいる。武志は親指をクリトリスに当てると二点責めを始める。
「ああああぁー……、それダメー」
「うううぅー……」
 二人の声に武志はうれしくなり、指を小刻みに揺らし、さらなる快感を送り込む。
「ダメー、それダメー、お口でできなくなるー……」
 美咲が叫ぶ。
「ううううぅ……、い、いいぃー……」
 瞳も声をあげる。
 武志は、それでもやめずに責め続ける。
「ダメー、それは、なにか出そうになるから、ダメー、い、いやー」
 美咲の方が我慢の限界が低いようである。武志は気の量、指の動きを調整しながら二人を追い込んでいく。
「ダメー、ほんとにダメなのー、お願いー……」
「い、いいぃー、いいよー……」
 二人は口の動きを止め、背中を丸めて武志の脚を握り締め、必死に快感に耐えている。
 武志は二人をぎりぎりの所でさんざんさ迷わせてから指を抜いた。そして二人の向きを変え、両腕に二人の体を抱きかかえる。
 二人は武志の胸に頬を乗せ、大きく息をしながら、体をくねらせている。
 瞳が武志を見上げると言った。
「今日、私は危ない日だから、美咲を気持ち良くしてあげて」
 そういうと瞳は顔を下に向け頬を武志の胸に擦り付ける。
 美咲は恥ずかしそうに下を向いている。
 武志は瞳が可愛そうになり、なんとか二人とも気持ち良くしてあげたいと思った。

「二人で俺の体を舐めて」
 武志はさらに二人を焦らして狂わせるために、責めを一旦中止する。
 武志が頭を反らして舐めやすくしてやると、二人が舌を精一杯伸ばして首筋をチロチロと舐める。
 武志は気持ち良いことを伝えるために二人の頭を撫でる。
「いいよ、だんだん下に移って」
 二人の口は、それぞれ肩を通って、乳首に達する。
 二人は何も言われなくても、そこが重要な場所である事を知っていて、そこを執拗に舐め続ける。
 瞳は自分が乳首を舐められる時の快感を思い出し、体のうずきが増した。たまらず、武志の脚を両足ではさむと股間をこすった。さらに胸を武志の体に押し付け少しでも快感を増やそうとする。
 美咲は瞳の動きにすぐ気が付くと、自分も武志の脚に股間を擦り付け、胸を押し付ける。
 それは二人の燃え上がった体を満足させるには程遠い快感だったが、その少ない快感を噛み締めながら、武志の乳首を舐めるのに没頭していく。
 武志は二人が股間を必死でこすりながらも、奉仕する姿に感動に近い興奮を覚える。
 美咲を抱き寄せると、激しく舌をからませ、唾液を吸い上げた。
 美咲も武志に抱き付きながら、必死に唾液を搾り出し、武志に飲まそうとする。
 武志は美咲の唾液を飲みつくすと、次に瞳を抱き寄せ、同じように唾液を吸い上げる。
 瞳も必死に舌を伸ばし、少しでも多くの唾液を武志に飲まそうとする。
 武志は二人の愛情に飲み込まれ、何も怖くなくなった。自分の感じる所全てを二人に知ってもらおう。自分の変わった所も全て知ってもらいたい。そうして二人の愛情に応えるべきだと思った。
「脇の下も舐めて」
 武志はそう言うと、ばんざいの形に両手を挙げた。
 二人は少しも嫌がることなく、乳首から脇の下へ移っていく。移動する際にも、けして舌を武志の体から離さない。そして脇の下を舐める。
 時に吸い付き、時に唇を押し当てながら、丁寧に何度も何度も脇の下を舐めていく。
 たまに変化を付けるために、腕や脇に寄り道する。
 何も言われなくても、二人の愛撫のテクはあがっていった。
「いいよ……、気持ち良いよ……」
(武志さんも感じてる)
 武志の快感の声を聞き、二人もうれしくなり、二人の愛撫は熱のこもったものになっていく。体全体を武志に密着させ、片手で乳首を撫で、片手で武志の手を握った。
 少しでも体が触れている部分を増やそうと、体をしきりに動かす。
 武志は美少女二人の体全体を使った愛撫に、ついに我慢できなくなった。
「ぅおおおおおー……」
 武志は一声叫ぶと、体を起こし、美咲を押し倒した。そしてショーツを脱がし両足を抱えあげると、一気に肉棒で刺し貫いた。
「ああああぁー……」
 待ち焦がれた肉棒に最奥まで貫かれ、美咲が歓喜の声を上げる。
 武志はそのまま荒々しく腰を動かしたまま、瞳の体を引き寄せる。
 片手を股間に伸ばし、二本の指を差し込んだ。そして親指をクリに当てると、激しく振動を与える。
「う、うううううぅー……」
 武志の激しい指使いに、瞳はほんの少しの痛みを感じながらも、歓喜の声を上げる。
 武志は二人を並べて寝かせ、その上に覆いかぶさった。そして二人の口を交互にふさぎ、舌を吸い上げる。そして腰と指を激しく動かし、二人に快感を送り込む。
 二人も武志の体に手を回し、抱き付きながら、舌が痛くなるまで限界に伸ばし、武志に吸わせる。
「あ、あっ、す、すごい、ああああぁー……」
「い、いいー、いいよー、気持ち良いー、気持ち良いよー……」
 少女二人のあえぎ声が部屋の中に響く。
 二人を同時にイカせたい。美咲だけではなく、瞳にもイッて欲しい。武志は激しい動きを続けながらも、かすかに残った理性で二人をコントロールしていく。
 美咲には気の量を少な目にして、肉棒で秘肉を削り上げていく。まだかすかに残る処女膜の痕がエラをこすり、武志も普通と違う感触に興奮する。
 瞳には多目の気を流し、美咲に遅れないようにする。
「は、はげしいっ、ちょっ、ちょっと、ま、待って」
 美咲が武志のあまりの激しさに音を上げるが、武志はさらに腰のスピードを上げる。
「う、うぅー……、へん、へん、なんかへん、おかしい、おかしいーっ」
 瞳がGスポットへの刺激でいつもと違う感覚に戸惑っても、武志はさらに気の量を増やす。
 女子高生の制服を着た美少女二人を並べて好きにするという異常な状況に、武志の興奮は限界を超えていた。
 交互にキスするのも、まだるっこしくなり、片手で二人の頭をまとめてかかえると、同時にキスをした。
 その間も腰は休むことなく動き続け、指は秘肉を抉り続ける。
「ああああぁー、ダ、ダメー、はげし、すぎるー……、あ、あ、あ、ああぁー……」
 美咲は華奢な体を大きく揺さぶられながら、武志にしがみつき激しい動きに耐える。
「ダメー、おかしいー、おかしくなるー、お腹がへんー……」
 瞳は背中を丸めて、未知の感覚と闘っている。
 武志はあまりの興奮に我慢しきれなくなる。これほど興奮してしまうと集中力で射精を抑えることなどできない。
「あぁーダメだー……、そろそろ、出そう。どこに、どこに出そうか」
 武志は美咲に声をかける。
「だい、大丈夫な、日だから、好きな所に出してっ」
「私のー、私の口に出してー」
 二人が同時に叫ぶ。
「ダメー、私の中に出してー」
 美咲は瞳に取られないように、両足を武志の腰に絡めて逃がさないようにする。
「な、中に出すよっ」
 武志はラストスパートに入り、無茶苦茶に腰を突き上げる。それと同時に指先から最大量の気を流し、瞳のクリを力任せに押しつぶした。
「出してー、出してー、中にいっぱい出してー」
「やああああぁー」
「ぅおおおおぉー。一緒に、一緒にいこう」
 武志は最後に思い切り肉棒を押し込む。少しでも奥に出そうと、腰を押し付け密着させる。
 そして子宮目がけて精液を盛大に吹き上げた。
 ぶりゅりゅりゅりゅー。びゅるるるー、びゅるるー、ぶりゅっ……、びゅる……。
 武志は過去最高とも思えるほどの精液を出した。気持ち良さで体が震え、寒気さえする。
「ああああぁー……」
 美咲は熱い塊がお腹の一番奥を叩くのを感じた。
(出てる。いっぱい出てる)
 武志に力一杯しがみつき、体を硬直させながら、秘肉で精液を搾り取る。
(あー、ダメ、なんか出る)
 瞳がそう思った瞬間。
 ぷしゃっ。
 股間から今日一番の快感が頭に突き抜け、瞳も美咲に続いて、股間から液体を撒き散らし、武志の手を濡らしながら、絶頂した。
 武志は体をひくつかせる二人の上に体を投げ出し、荒い息をする。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……」
 興奮が大きすぎたのか、なかなか息がおさまらない。
 美咲と瞳は目を閉じたまま、時折体をぴくっとさせる。
 武志は股間の痺れるような余韻をしばらく味わってから、美咲の体から離れた。肉棒がぬるっと抜けて、中から白い液体がどろっと溢れてくる。
 武志がティッシュを取り、美咲の股間を拭いてやっていると、瞳がのっそりと起きてきた。
 そのまま武志の股間に顔を寄せると、ためらうことなく肉棒を口の中に収めた。そして、肉棒の汚れを舐め取っては飲み込んでいく。
 武志はくすぐったいような気持ち良さに体が震えた。
「ひ、瞳ちゃん」
 瞳は武志の声にも反応せず、肉棒を吸い、竿の中に残った精液まで吸い上げ、飲み込んでいく。
 美咲は足元での動きに目を開け、瞳のやることをぼんやりと見る。
 瞳は亀頭の掃除が終わると、一旦口から肉棒を出し、竿をペロペロと舐め始める。
「ひ、瞳ちゃん、やらなくていいよ」
「男の人は、こうされると気持ち良いんでしょ」
「それはそうだけど……、汚いからいいよ」
「武志さんと美咲のなら汚くない」
 瞳は当たり前のことのように答えた。全然汚いとは思わなかった。むしろティッシュで拭いてしまうなんて、もったいない気がする。
 苦くて、生臭くて、しょっぱくて、変わった味がする。美咲にはできないだろう。瞳は、これは自分の仕事だと思った。
 瞳が肉棒から白い汚れを舐め終わり、続けて美咲の股間に向かおうとするのを武志は慌てて止めた。
「あ、ありがとう、気持ち良かったよ」
 武志は瞳の性格が変わってきている気がした。それとも、隠れていたものが出てきただけなのか。いずれにしろ、何とかしないと、いけない道へ進んでいきそうな気がする。
 武志はベッドの真ん中に寝転がると、両側に美咲と瞳を引き寄せた。
「乱暴にしてごめん。途中からなんか我慢できなくなった」
 武志がすまなそうに謝る。
「今までで一番うれしかった。武志さんにすっごく求められてる気がしたの」
 美咲は気にしていない様子で答える。
「私もすっごく気持ち良かった。体だけじゃなくて、心の底から感じた気がする」
 瞳も同じ様子だ。
 武志は少しだけほっとした。彼女達が怒っていたらどうしようかと思っていたのだ。次からは気を付けないといけない。しかし、二人を相手にすると、いつもより興奮してしまう自分に気が付いていた。

 三人一緒に仲良くシャワーを浴びてから、武志は乱暴したお詫びにと二人とじっくりキスをした。
 この二人はとてもキスが好きだ。武志も好きな方だが、二人はセックスのとき以外でも、チャンスがあればキスしようとしてくる。
 女の子はこんなにキスが好きなものなのかと武志は不思議に思う。
 武志はキスをしながら、後で余韻を楽しめるように、二人のお尻に気を注いだ。あんまりやりすぎて帰りの電車で変な事になってもいけないので、軽くほんわかする程度にしておく。
 浴室を出て、武志が服を着ようとすると、二人が慌てて武志を止める。
「ちょっと、待ってください」
 そういうと、二人はバスタオルを体に巻いただけのエッチな姿で、カバンの中をごそごそ何かを探している。
 そして紙袋を差し出すと、武志に言った。
「はい、これが本当の誕生日プレゼントです。誕生日おめでとう」
「お誕生日おめでとう」
 武志は驚いた。制服エッチがプレゼントだと思っていたから、他にあるとは思ってもいなかった。
「ありがとう」
 武志が袋を開けると、男性用の服が入っていた。
「今日はそれを着て帰ってください」
 美咲が言った。
「えーっ、そんな事したら、家を出た時と服が違っちゃうじゃない。親が変に思っちゃうよ」
「そんなの、お店で着替えたって言えば良いじゃないですか。それにお母さんにも私達との関係をそれとなく知っておいてもらわないと」
 実際武志の母陽子は武志と美咲の関係を承知しているはずだが、美咲は武志に教えない。
 この二人はどこまで頭が回るのだろう。武志は感心してしまった。
「次の時は、体操服とか水着を持ってきましょうか」
 美咲が冗談半分に武志に聞いた。
「いや、それはいいから。俺にそんな趣味は無いし、変な方向に行きたくないから」
 武志は本気で否定する。
「でも、今日の武志さんはいつもとちがって、すっごく興奮してた。絶対にそっちの趣味があると思ったもん。ねー、瞳」
 美咲が瞳に同意を求める。
「うん、今日は凄かった。興奮の仕方が普通じゃなかった」
 瞳も美咲に同意する。
「いや、絶対違うって、二人同時が初めてだったからだよ。制服のせいじゃないよ」
「ほんとかなー」
 武志はこの年下二人組に踊らされている気になってきた。

次の章(第35章)へ

web拍手 サイトトップへ戻る
一条流の戦い:目次へ戻る
前の章(第33章)へ戻る

動画 アダルト動画 ライブチャット